立腰教育""

子どもは環境で育つ

腰骨を立てる事によって人間としての土台となる集中力と内面からの健康を培いバランスのとれた安定した心身を養う事を目指しています(主体性を養い自己確立していく)当り前の事を自然な形で達成できるように「三つのお約束」を行っています。

躾の三原則

  1. あいさつは自分から先にしましょう。
    明るい人間関係を作る土台を作ります。
  2. 返事は「ハイ」とはっきりしましょう。
    素直な行動が身に付く土台を作ります。
  3. 履物を揃えよう、椅子を入れよう。
    行動に責任を持ってけじめの土台を作ります。

挨拶する事によって相手の話す事が聞けると言う心の受入れ態勢が出来、更に名前を呼ばれたら「はい」と返事をする事によって心のコップが上向きになり、人の話が素直に聞けるようになります。
靴や椅子の始末が出来るようになる事によって、自分の行動に対してけじめや責任感などが自然に培われます。
やり放し、置き放し、聞き放しでは自分で物事を考え決める事も出来ません。
当園では「三つのお約束」を身に付ける事によって自ら行動することを培い、その土台を作るべく共に学んでいます。

漢字で教える

平仮名は音と現し、意味を持っていません。
仮名だけの文章ですと拾い読みになりその文章
にどのような事が書かれているのか意味が理解し
にくいですが、漢字仮名交じりの絵本を読む事によって内容の理解、読みやすさや洞察する力も身に付きます。
当園では、日々保育士が行う素話を通して語りを増やしたり、一緒に読む事が楽しんで読む、読める事の喜びと感じてもらい一人でも多く言葉の豊富な本好きの子どもになる事を目指しています。

人間の脳は、3歳までに約60%が、6歳では約90%が出来上がってしまいます。
人生の黄金期といわれる幼児期にどのような子育てがなされたかによって子どもの伸び方が決まると言われています。
園と家庭との共通認識のもとに、大人が手本となり、一緒に実行する生活の積み重ねをもって、苦痛なく、自然に楽しく身につけていくことができるといいですね。